いろんな分野で活躍している不織布【存在が欠かせなくなっている】

薬事法に関する手続き

化粧品

希望の商品を簡単に輸入

商品を販売するとき、自社で製造するときもあれば日本のメーカーなどから購入して販売するときもあります。一般的な商品であればただ作ったり仕入れたりして販売をすれば済みます。では化粧品を販売するときはどうかです。化粧品は実は薬事法の元で日本で販売できる商品の審査が行われます。日本においては当然ながら薬事法に基づいて開発段階から審査を受けますが、既に海外で販売されている製品に関してはまず日本の審査に通るかどうかが問題になります。自社で開発販売しようとしている商品が海外にあるなら、そちらから輸入した方が効率的な時もあります。その時に利用したいのが化粧品輸入代行になります。普通に輸入をするとき、自社で薬事法に関する手続きをしなくてはいけません。自社でそれらの商品の分析をして、審査などに出し、その上で販売用の商品を輸入します。かなり面倒な手続きを踏む必要があります。化粧品輸入代行を利用すると販売できる状態にして輸入までを行ってくれます。つまりは化粧品輸入代行業者が薬事法に関する手続きをすべて行ってくれるので、実際に輸入して販売する会社は特に何もする必要がありません。化粧品輸入代行の中には大口での対応のところもあれば小口からの対応をしてくれるところもあります。日本での評判をチェックしてから本格的に輸入をしたいときは小口からの方がいいでしょう。その辺りにも対応してくれるところがあります。化粧品を専門的に扱っていることの強みもあるかもしれません。

Copyright© 2018 いろんな分野で活躍している不織布【存在が欠かせなくなっている】 All Rights Reserved.