いろんな分野で活躍している不織布【存在が欠かせなくなっている】

種類について

布

原料の違いによる種類

不織布というのは一般的な布のように織るのではなく、繊維を意図的に絡ませる事で形成する布状の製品を言います。その用途は幅広く、衣料品や衛生用品、さらに工業用や土木建材、農業資材などとしても活用されています。一口に不織布と言っても、その種類は非常に豊富です。そもそも繊維状に形成できる素材であれば、ほとんどのものが不織布の原料として使用する事が出来るため、原料を変えることで様々な性質を持たせることが可能です。原料には大きく分けると天然繊維と化学繊維の2種類があります。ただ天然繊維のうち植物繊維であるパルプや動物性の羊毛などは不織布というより紙や布というカテゴリーに分類されるため、厳密に不織布という言い方をした場合には主に化学繊維製の物を指す事が多いです。主な材料としていくつか見ていくと、まず代表的な素材にポリエステルがあります。耐候性や耐熱性、さらに耐薬品性に優れ、さらに加工も容易です。衣料用の中ワタや車の内装材、断熱材に吸音材など幅広い場面で利用されています。ペットボトルからの再利用も可能なので、エコロジーかつ低コストなのも特徴です。ポリプロピレンも不織布によく使われる代表的な素材です。比重が軽いので水に浮き、さらに親油性があるので主に油の吸着材として利用されます。レーヨンは家庭用品に使われる不織布としてよく見られます。植物繊維を加工して作られる再生繊維のため、天然繊維に似て柔らかい風合いがあって吸湿性に優れます。この特徴を利用して寝具などの内部構造や、おむつなどに用いられます。また特殊な物としてはナイロンやアクリル、ビニロンといったものもあります。これらの繊維を単体で用いた製品もありますが、異なる繊維同士を組み合わせる事によって複数の特徴を併せ持った製品の開発も可能なのも不織布の特徴です。

Copyright© 2018 いろんな分野で活躍している不織布【存在が欠かせなくなっている】 All Rights Reserved.