いろんな分野で活躍している不織布【存在が欠かせなくなっている】

代行業者を利用する意味

ウーマン

利用者の負担を軽減できる

インターネットの普及や海外旅行者の増加などによって、海外製の化粧品を求める需要も高まっています。しかしこうした海外製の化粧品は、日本で販売されていない商品であれば輸入が必要になります。しかし化粧品というのは薬事法によって規制があり、輸入にあたっては化粧品製造販売業などの許可を持った業者である事が条件になります。しかし化粧品を輸入するためだけに、わざわざ許可を取るのは面倒くさい、という事で利用されるのが化粧品輸入代行になります。化粧品輸入代行業者は単に化粧品を輸入するだけでなく、通関や成分検査など、利用者が負担に感じる複雑な手続きも代行、サポートしてくれます。初めて化粧品を輸入して販売する、という場合でも化粧品輸入代行業者のスタッフが相談に乗ってくれるので、スムーズな化粧品の輸入が可能です。化粧品輸入代行の大まかな流れとしては、まず化粧品輸入代行業者に連絡をして、輸入したい化粧品や用途などを相談します。その後化粧品輸入代行業者の方で当該商品を確認し、成分分析などを行って日本に輸入できるかどうかの可否を判断します。輸入が可能であれば、製造元や仕入れ先などと交渉をして、契約となります。そして輸入された化粧品の通関手続き、さらに製品の安全性の検査や製品の検品、成分表示のラベリングなどを経て、すぐに販売できる状態で手元に届けられます。海外の業者との交渉は自社で行いたい、という場合にはその部分だけ代行しない、といったようにニーズに合わせて手続きのアレンジも可能です。また成分分析の結果輸入が不可能であった場合でも、製造元と交渉して成分の調整などによって輸入できるように使用を変更する事が出来ます。こうした交渉も化粧品輸入代行業者が行ってくれるので、自社スタッフに外国語に流通した人材がいなくても安心です。

Copyright© 2018 いろんな分野で活躍している不織布【存在が欠かせなくなっている】 All Rights Reserved.